奥沢居宅介護支援事業所
トップページ > デイホーム奥沢 > 奥沢居宅介護支援事業所 > 最新情報

最新情報

活動報告 2017/06/23 14:07

在宅ケアを語る会の6月の定例会に参加しました。

 在宅ケアを語る会の6月の定例会に参加しました。

今週火曜日に在宅ケアを語るに参加しました。

今回のテーマは「ALSと意思疎通の大切さについて」というこテーマで、26年間、ALS(筋委縮性側索硬化症)のお母様を介護した高井直子さんのお話でした。お仕事をしながらの介護、介護保険制度のない時代の介護、文字盤での意思疎通の方法、口文字などのお話でした。

文字盤での意思疎通は、患者と介護者になり、文字盤を利用して意思疎通の方法を体験しました。

一番印象の残ったのはお母様が呼吸器になると家族だけでは介護が限界になり、介護者を募集する事を知り合いの先生からアドバイスを受けます。「24時間介護は難病として考えると進まないが、ALSを障害と考えると介護者の範囲が大きく広がった」という考え方でした。

パワフルな高井さんと難病を生き抜いたお母様をの話しは考えさせられる事が多かったです。

ページの一番上に戻る